Menu

INTERVIEW

子どもの笑顔率ほぼ100%
人生の宝物を残す、ファミリーフォトグラファー

ファミリースタイルフォト代表 織田 隆一

インタビュー写真

カメラマンという仕事との出会いを教えてください

僕は写真の専門学校も出ることなく、大学生のときは新聞奨学生で新聞を配達しながら学費を稼いで大学に通っていました。当時の夢はミュージシャン。アコギを担いて路上ライブをしていました。黒人ブルースのコピーばっかりでしたね。

そのあと大学を中退。夢を抱えたフリーターを、7,8年続けていました。さすがに就職しようと入ったのは繊維関係の卸の会社。ここで数年営業マンとして働き、それから写真スタジオに入りました。カメラマンではなく、営業マンとしてです。

写真にはそれほど興味はなかったんですが、スタジオで涙を流しながら帰るお客さんを見て衝撃を受けたんです。これはすごい、こんな素晴らしい仕事があったんだ、と感じたのがカメラマンという仕事との出会いでした。

インタビュー写真

写真の技術はスタジオで学んだんですか?

完全に独学です。写真スタジオでは営業職だったので、技術は一切学んでいません。ただ、撮っている様子からカメラの使い方や写真選別の仕方を見ていたので、撮るイメージだけはできていたのかもしれません。

最初のお客さんは、そのスタジオで知り合った方でした。僕はカメラマンじゃないです、と一旦断ったんですが、ぜひ織田さんに撮ってほしいと言われて。
それで腹をくくって3ヶ月で一生懸命カメラを勉強して、撮影に臨みました。まさかここから10年続くとは思っていませんでしたが(笑)。

インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真

どのように営業活動をされていましたか?

すぐにカメラマンで食えたわけではありません。でも最初のお客さん以外のつながりもなかった。だから当時流行っていたmixiで写真撮影会のコミュニティを作ったんですよ。「家族の写真撮影会」というコミュニティでした。
ここで告知をして、1,2人来たら撮って写真をアップするという活動を半年から1年くらい続けました。誰もこない日も少なくありませんでしたが、コツコツ続けていったら、いつの間にかコミュニティのメンバーが500人を超えたんです。それからは告知をするたびに満員状態。最終的には2,000人くらいまでメンバーが増えて、休日平日関係なくイベントをしたら満員になりました。2010年ぐらいの話です。あの頃のmixiの集客力はすごかったですね。

インタビュー写真

家族写真を撮る際には、どのような点にこだわっていますか?

家族撮影のメインは子どもなので、子どもが気分良く過ごせる空間づくりを常に考えています。
子どもの撮影って難しいじゃないですか。すぐにどこかに行っちゃうし、笑ってくれないし。それってやっぱり、撮影がイヤイヤ状態なんですよ。ほとんどの場合、子どもは家族写真のために連れてこられるわけです。パパやママが写真を残したいけれど、本人はそんなこと関係なくて、初めて会うおじさんが恥ずかしいし撮られたくもない。

そんな状態で写真撮影を成功させるには、やっぱり子どもが快適に過ごせる空間を作らないといけない。僕はそのために、心理学をもとにしたアプローチをしています。詳しいことは講座でもお伝えしているので、興味がある方はぜひ聞きにきてください。ほぼ100%の確率で、子どもの笑顔写真を記録に残せますよ。

インタビュー写真

Fourtriveに登録したきっかけと、Fourtriveを利用した感想を教えてください

きっかけはカメラマン仲間を通じてですね。Fourtriveの考えに共感できたし、僕が普段撮らせていただく写真撮影で貢献出来るのではないかと感じました。
Fourtriveはアプリ内メッセージでお客さまとやり取りが出来るのが便利ですよ。ご家族とカメラマンをつなぐのが、HPでもブログでもなく、アプリと言うのがとても斬新で、今後受け入れられるサービスだと率直に思います。

自然光を活かしたサンプル写真

どんなチケットが、自分のスタイルにあっていると感じますか?

自然の中や公園、さらには神社出張での家族写真撮影です。広告とか、物撮りとか、他のスタイルは考えていません。

自然光を活かしたサンプル写真

Fourtriveの利用者の方にメッセージをください

もし大切な人たちの写真がなかったら、特に家族の写真がなかったら、と想像してください。記憶はいつしか薄らいでいきます。しかし、写真はたとえ色あせても記録として残り、それを見るたびに記憶が蘇ります。ぜひ大切な人との写真を沢山残して欲しいと思いますし、残すお手伝いをこれからもしていきたいと思います。大切な人との写真は「人生の宝物」ですよ。

PROFILE

フォトグラファー織田さん近影

ファミリースタイルフォト代表 織田隆一

渋谷, 東京

ハウススタジオにて写真の仕事に携わり、その後独学でカメラの勉強をしフリーランスとして家族写真撮影を専門とした「ファミリースタイルフォト」を立ち上げる。
独特のコミュニケーション方法で子供の笑顔を引き出す撮影法により、子供の笑顔率はほぼ100%。近年はカメラマンとして活動する傍ら、家族を撮るフォトグラファーの撮影技術向上のため講師としてセミナーを開催しフォトグラファーの育成とサポートを行っている。

Web: http://familystylephoto.com

SHARE

新しいフォトグラファーの働き方

SPECIAL DIALOGUE

七五三撮影にもまだ間に合う
神社撮影のマナーを知るフォトグラファー × 宮司対談

インタビュー写真インタビュー写真

フォトグラファーとして
はじめる

プロとして活躍されている方、これからプロとして活動される方、
副業としてチャレンジしてみたい方、どんな方でもFourtriveは歓迎します。
カメラと、空いている時間があれば、まずはご登録ください。