Menu

INTERVIEW

家族との時間や、カメラマンとしての
時間の使い方などを伝えたい

ハッピースマイルフォト 橋本 永美子

自然光を活かしたサンプル写真

フォトグラファーという仕事との出会いを教えてください

私は元々アパレル業界で販促兼グラフィックデザイナーをしていたので、撮影現場に立ち会うことも少なくありませんでした。当時はフォトグラファーになるとは夢にも思っておらず、長女を妊娠するまで、一眼レフも持っていませんでした。

生まれてくる娘をたくさん撮るためにカメラを買ったのですが、ベリーダンサーの友人に「撮ってほしい」とお願いされてから、人を撮ることを意識し始めました。

仕事にしようと思った最初のきっかけは、八王子市の起業講座に参加した時ですね。長女も生まれて、クラウドソーシングでデザイン活動もしていたのですが、家事や育児との両立で悩んでいた頃でもありました。

どうしてもデザインの修正が入ると、時間が取られてしまうんですね。

講座内で「趣味で写真を撮ります」とアピールしたところ、他の生徒さんが「プロフィール写真を撮ってほしい」と言ってくれて。 その際に初めてお金をいただいて撮影したんです。すごく喜んでもらえて、フォトグラファーもいいかもしれない……といきなりフリーとして活動をはじめました。

インタビュー写真

これが起業講座で「撮ってください」と言われて撮影した、私にとって記念すべきプロフィール撮影の第一号です。
知識もテクニックもなかったので、「こう表現したい」というのになるべく近づけるよう撮影を進めていきました。

写真は独学ですか?

はい。独学です。ただ、仕事をしていく中で疑問や不安も出て来たので、フリーランスになってから半年後に、ご縁のあった「こどもとかめら」の今井しのぶ先生のもとで学びました。

営業活動はどのようにされたのでしょうか?

基本的にはこれまでに撮影させていただいた方からの紹介が多いですが、最近では、HPやブログからのお問い合わせも増えて来ました。ブログとか、最初は面倒だなと思っていたんですが、書き始めたら面白くて。意外と自分は書くことが好きだったみたいです(笑)。

集客のためというよりは、普段私が思っていること、どんなことが好きとか、どんな風でありたいとか、そういうことを書いています。それを読んで、私の人となりを知って依頼をくださる方がいるのはありがたいことですね。

インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真

現在はどのような写真をメインに撮っていますか?

起業家の方のプロフィール撮影(ポートレート)と、ファミリー撮影が半々くらいです。ファミリー撮影はマタニティ、バースデー、七五三、成人式などを撮っています。他にはイベント撮影も少しずつ増えてきました。

撮影時のこだわりを教えてください

細部まで作りこみすぎて、フォトグラファーの意図が透けて見える写真にならないように心がけています。特にポートレートでは、ほとんどの人は撮られ慣れていないので緊張しています。まず撮ることの前に、被写体の方との会話を楽しんで、リラックスしてもらえる雰囲気を作ります。表情がふっとほぐれた瞬間にシャッターを切ることが多いですね。

理想としては、フォトグラファーの存在が消え、被写体の方がいつもの姿でそこに立ち、その場の空気感ごと切り取れるような写真を目指しています。

インタビュー写真インタビュー写真

私はそこまでポージング指示や誘導がうまいフォトグラファーではないと思います。
どこかに自然な要素を残したいと思っているんです。
撮影の中でふと現れる家族の絆や表情といったものを見逃さずに終始楽しい雰囲気の中で撮れるように心がけています。
上の二枚は、それが出ているような感じがして好きですね。

インタビュー写真

ポートレートは、その人の良いところを探しながら撮っていきます。屋外で撮るのが好きなので、
自然の光や色を組み合わせてもともと持っているその人の良さがより前面に出るように心がけています。

Fourtriveに登録したきっかけと、Fourtriveを利用した感想を教えてください

「こどもとかめら」のしのぶ先生からfourtriveのプロジェクトをお聞きし、説明会に参加したのがきっかけです。最初はUberのフォトグラファー版と聞いて、分かるような分からないような、という印象でしたね(笑)。

でも、とりあえずやってみないことには分からないので、実家から近い新百合ヶ丘のイベントでの撮影会から始めました。

アプリを使っての撮影はシステムとして面白いし、定期的に開いてくださる勉強会も有意義なものが多い。何より、普段出会うことが少ない様々なフォトグラファーと知り合えるのも魅力ですね。情報交換をしたり、お互い刺激になっていいと思います。

お客さまの様子を見ても、気軽に購入していただいている印象なので「プロに撮ってもらうと高い」という敷居を下げることが出来ているのではないでしょうか。

インタビュー写真
インタビュー写真
インタビュー写真

上写真最初の三枚は新百合ヶ丘のイベント 「AirGreen」に参加した時に撮影した写真です。
5回連続で撮影会に参加したのですが、お客さまの認知も広がって来たようで家族でお揃いのコーディネートをして来てくれたり、
お客さまも撮影を楽しんでくれているのが伝わって来ました。私にとっても自身を育ててもらったような、思い入れのあるイベントです。
最後の一枚は七五三の同行撮影のチケットでお撮りした写真です。
ご家族の晴れの日に立ち会わせていただけるのは本当に嬉しいですね。

どんなチケット(撮影のシチュエーション)が、自分のスタイルにあっていると感じますか?

自然光を活かした撮影が得意なので、屋外での撮影ですね。ファミリー向けだけでなく、アーティスティックなポートレートを撮るチケットも作ってみたいと考えています。

インタビュー写真
インタビュー写真

Fourtriveの利用者の方にメッセージをください

フォトグラファーの方へ。
初めは本当にアプリだけでお客さまとのやり取りが成り立つのか不安でしたが、それは杞憂に終わりました。 操作に慣れるまでは少し面倒に感じるかもしれませんが、最初から最後までアプリで完結するので、慣れてしまえばとても便利です。スタッフも親切な方ばかり。 新たなビジネスの形を垣間見ているようで、私はとても良いチャンスをいただけたと思っています。

ユーザーの方へ。
「プロに頼むと高い」それが今までの出張撮影のイメージだと思います。実際、平均的な価格を見ても、家計に余裕がないと厳しいかもしれません。(私もいち主婦としてそう思っています) でもfourtriveのいいところは、時間が短い分安価なのと、好きな写真を選んで購入できること。アプリ上に良さそうなフォトグラファーがいたら(サンプル作品が載っています)気軽に依頼してみるといいかもしれません。もちろん私も! ご依頼お待ちしています。

PROFILE

フォトグラファー橋本さん近影

ハッピースマイルフォト 橋本 永美子

八王子, 東京

元々はアパレル業界のグラフィックデザイナー。結婚・出産を期に退職。出産後もフリーランスのデザイナーとして働くが、育児との両立に悩んでいた頃、撮影をお願いされたところからフォトグラファーとして生きる可能性に気づく。
現在は紹介をはじめ、HPやブログから依頼を受けて、家事・育児とのバランスを取りながら週に1,2度の撮影のペースを保って活動している。
ポートレート、家族写真が得意。

Instagram: https://www.instagram.com/photo_ekartworks/
Web: https://happysmilephoto.com/

SHARE

新しいフォトグラファーの働き方

SPECIAL DIALOGUE

七五三撮影にもまだ間に合う
神社撮影のマナーを知るフォトグラファー × 宮司対談

インタビュー写真インタビュー写真

フォトグラファーとして
はじめる

プロとして活躍されている方、これからプロとして活動される方、
副業としてチャレンジしてみたい方、どんな方でもFourtriveは歓迎します。
カメラと、空いている時間があれば、まずはご登録ください。